【Fate/GO】まさに「賛否両論」という感じだねセイレムは

スポンサーリンク
856: 僕はね、名無しさんなんだ 2017/12/07(木) 00:00:09 ID:Tj6W/HQQ0
まさに「賛否両論」という感じだねセイレムは
マタハリサンソンの掘り下げがされた時点で俺は満足だが
地味にロビンって便利に使われてるよね

872: 僕はね、名無しさんなんだ 2017/12/07(木) 00:02:18 ID:gss.Oepw0
>>856
セイレムの欠点って言うなれば終盤の駆け足展開だけだしなあ
逆に言えばそれが致命的過ぎたんだけど
それさえなんとかなればガチの名作が出来上がっただろうな

886: 僕はね、名無しさんなんだ 2017/12/07(木) 00:03:41 ID:wR8.1mGk0
>>856
階里穂単体では問題ないけどアビーの設定欠陥過ぎてな
さらにフォローしにゃあかん鯖増やすのはどうかなって感じ
ほんま型月はチキンに見えて雑だよ設定関連

868: 僕はね、名無しさんなんだ 2017/12/07(木) 00:01:23 ID:OPwqnBk.0
セイレムほんとクソだったけど、アビーを産んだことだけは評価したい
再臨で純真ロリと悪ロリ使い分けられるとか最高すぎるやろ

869: 僕はね、名無しさんなんだ 2017/12/07(木) 00:01:30 ID:1U9jyOlg0
途中までは賛だけど締め方が否って感じで両論ではない
ちゃんとやれよって感じ

879: 僕はね、名無しさんなんだ 2017/12/07(木) 00:02:56 ID:FaMFJkrI0
言うて時限で足止めされてここでダベって無かったら前半もそんなでも無かった気がする

883: 僕はね、名無しさんなんだ 2017/12/07(木) 00:03:36 ID:wPm93EWQ0
サンソンは途中まで好感度をあげつつ最後の行動の理由がはっきりと明言されなかったから、初見でえー…となってる人が多い印象
人によってはどん底
考察によって持ち直す人もいる
マタハリさんはガッツリ好感度を稼いでいったな

910: 僕はね、名無しさんなんだ 2017/12/07(木) 00:07:05 ID:oJyRnlxA0
>>883
一応サンソンの件に関してはロビンとか驚くほどはっきりとした答え言ってるのに皆初見だと見逃してるの中々に不思議

915: 僕はね、名無しさんなんだ 2017/12/07(木) 00:07:55 ID:4F.jSjsY0
>>910
多分ライターの視点だとそうなんだろうけど……って奴よ
キャラの視点とメタの視点の情報が整理できてない

933: 僕はね、名無しさんなんだ 2017/12/07(木) 00:09:31 ID:8hdvIT1U0
>>910
当のサンソン自体がなにも言わずに死んで、ロビンが何でなにも言わずに死んだサンソンの考えを全部理解してんだってのが読者にわかんねーからだろ
こいついきなりなに大文字使ってんだとしか思わなかったわ

949: 僕はね、名無しさんなんだ 2017/12/07(木) 00:11:55 ID:wPm93EWQ0

>>910
ロビンははっきりと答えを言ってるけど、作中視点でどこで答えに至ったのか、
むしろ答えに至ってたのか?が
正直、どこを読んでも明言されてないのが悪い

サンソンの行動は結果的に黒幕に効いたのか、意図して行動した結果黒幕にクリティカルだったのかがなぁ
ロビンの発言からすると後者だけど、描写だけだと前者になってもやもやする

932: 僕はね、名無しさんなんだ 2017/12/07(木) 00:09:19 ID:ppR64KFM0
>>883
好意的な考察でセルフ補完する人もいるけど
俺みたいに思い入れがないと
ホプと魔女(幼女)探しに熱を上げて
ホプが幼女の仇討ちに合うところに居合わせて罪を被り吊るされ
幼女のトラウマとなりラスボス化に貢献
その記憶を失い御都合復活を果すロリコン大馬鹿野郎だけどね

885: 僕はね、名無しさんなんだ 2017/12/07(木) 00:03:39 ID:tWd3Es1I0
セイレムの面白さはじゃあこれがこの後どうなるんだ、なのにそれ全部放り投げて終わったから文字通りお話にならないわ

888: 僕はね、名無しさんなんだ 2017/12/07(木) 00:03:46 ID:y0f192as0
テーマは考察聞けばともかく、物語としてはやっぱり駆け足で畳んだ感がな

897: 僕はね、名無しさんなんだ 2017/12/07(木) 00:05:28 ID:4F.jSjsY0
>>888
ライターがめておという前提だが原稿落とした説ガチであると思ってる
色々と他の1.5部の話も盛り込んだりしてるし時間足りなかったんじゃないの

889: 僕はね、名無しさんなんだ 2017/12/07(木) 00:04:07 ID:odvQ0bu20
駆け足展開だけじゃなくそのあとも平凡な展開が続いたのがな
読者の予想を上回れなかったのはな
時限式にしたのは考察するためだと思ったのに

893: 僕はね、名無しさんなんだ 2017/12/07(木) 00:04:56 ID:oP8AT.ho0
最終的にはキルケーの仮死薬や住人は全員グールでした、にラストのカーターとご都合主義だらけな印象だったわ
取りあえずクトゥルフオタクのライターがクトゥルフの宣伝したかったんだろうなとは感じた

913: 僕はね、名無しさんなんだ 2017/12/07(木) 00:07:22 ID:gss.Oepw0
まあ確かに住民グールは要らなかったかなあ
多分駆け足で纏めるためとは言え狂気が大分薄れた気がする
でも何だかんだでセイレムも面白かったよ

926: 僕はね、名無しさんなんだ 2017/12/07(木) 00:08:54 ID:FhP6Sptk0
>>913
アレをアビゲイルの意向でやったと考えると狂気凄い

914: 僕はね、名無しさんなんだ 2017/12/07(木) 00:07:25 ID:tnLS0fTo0
考察聞いても後一つ足りなくて確定しきれない感じが
回想でも何でももう一説明ねじ込んでおけば分かる人増えたんじゃないかって気がする

923: 僕はね、名無しさんなんだ 2017/12/07(木) 00:08:30 ID:oJyRnlxA0
ただ住民全員グールじゃないとそもそもサンソンが復活しなかったことの特別性が薄れるのとあの世界の理屈が判明しないから必要なことではあるんだよな

943: 僕はね、名無しさんなんだ 2017/12/07(木) 00:11:04 ID:oP8AT.ho0
>>923
だったら根本的な展開と設定自体が間違ってたとしか言いようがないな
人間の狂気を書くシナリオなのに「実は狂ってた奴らは元から人外でした」とかアホかと

966: 僕はね、名無しさんなんだ 2017/12/07(木) 00:14:01 ID:FhP6Sptk0
>>943
元からというかループする過程で全員グールになってしまったというか
グールにならなかった人は脱落していくし

987: 僕はね、名無しさんなんだ 2017/12/07(木) 00:16:00 ID:wR8.1mGk0
>>966
どうとでも設定付けできるモノのために舞台設定自体の濃さを消すのは微妙
話に重みが無くなったわ

971: 僕はね、名無しさんなんだ 2017/12/07(木) 00:14:37 ID:wPm93EWQ0
>>943
贖罪を求める人間だけが集まる、善良であり醜悪な人間たちの集団だぞ
救われない痛みもまた人間の狂気の一つであるってのは割と好き

954: 僕はね、名無しさんなんだ 2017/12/07(木) 00:12:10 ID:4F.jSjsY0
>>923
多分ライターの意図はそういう意図でサンソンもそれを理解して死んだとしたかったんだと思うんだ
でもサンソンがそれを分かる描写もタイミングもないんだ
本当に畳み方が雑というか練り込みが足りないというか

968: 僕はね、名無しさんなんだ 2017/12/07(木) 00:14:12 ID:oJyRnlxA0
>>954
ホプキンスのあたりで気付けてた可能性あるにはあるけどそれだと独白入れろよというのは分かる

990: 僕はね、名無しさんなんだ 2017/12/07(木) 00:16:38 ID:4F.jSjsY0
>>968
出来れば、それに加えて閃きじゃない裏付けが欲しかった
なんか象牙の書あったし、それを読んで何かに気づくとかなんとか
で、カルデア勢の誰かに生前か死後かどっちでもいいから情報を渡す手はずを整えてたら文句なし

925: 僕はね、名無しさんなんだ 2017/12/07(木) 00:08:50 ID:OPwqnBk.0
めておはサンソンのこと嫌いなんだろうか
あんな周りを巻き込んだ身勝手な自殺してサンソンのイメージ上がると本気で思ったのか?

974: 僕はね、名無しさんなんだ 2017/12/07(木) 00:14:47 ID:OPwqnBk.0
まともな人達が狂っていく過程が面白いのに
初めから全員まともじゃなかったとか興醒めにもほどがあるでしょう?

986: 僕はね、名無しさんなんだ 2017/12/07(木) 00:15:55 ID:yT7GZC0w0
>>974
グール裁判は盛り下がるシナリオで唯一のオアシスだった
思わず笑ったからなあれ

999: 僕はね、名無しさんなんだ 2017/12/07(木) 00:17:08 ID:OPwqnBk.0

>>986
マタハリ見ても誰も騒がない!
吊られた奴もいつの間にかいるじゃねえか!

これは流石にわらうわ

982: 僕はね、名無しさんなんだ 2017/12/07(木) 00:15:27 ID:wRypZk.I0

エピローグでサンソンへのフォローはあったけども
僕死にますわーって積極的だったのと、
それを誰も止められなかったって流れは、
終わってみても何か腑に落ちない感ある
理屈としては分かるけど、そんな死ぬ必要あった?っていう

終盤は展開自体の動きは殆ど無くて
大半が既に起きたことの説明聞いてるだけだから、
何か地味に感じてしまったのかなあ
つまらなくは無かったけども、そんなに盛り上がりを感じなかった

991: 僕はね、名無しさんなんだ 2017/12/07(木) 00:16:38 ID:ppR64KFM0
此方は受肉で弱体してるからと
ぐだは待ったをかけられてこれといった動きもなく
ラウムが散々ヒントを出して
最後には頼んでないのに答えまで晒していく
サンソンの行動が裏目に出てアビーラスボス化だからなぁ
37: 僕はね、名無しさんなんだ 2017/12/07(木) 00:27:07 ID:w9LWK/x.0
永劫に消えない罪など無いことを示すために処刑される
手がけた人々の安息と、処刑が担保する死の尊厳を証明する
サンソンはあの世界で一番率直に人間を見つめて憐れんだ人のように思える

64: 僕はね、名無しさんなんだ 2017/12/07(木) 00:31:31 ID:wPm93EWQ0
>>37
これすっごい綺麗なのに、あまりにも「なぜ処刑台に向かったのか」が本人の口や独白から説明されてないから
どこまで掴んだのか分からなくて悔しいんだよな

一番人に寄り添ったのがサンソンであったから、気付いたって描写いれるだけでよかったのに

75: 僕はね、名無しさんなんだ 2017/12/07(木) 00:33:33 ID:tnLS0fTo0
>>64
ストーリー的に説明するタイミングが無いなら回想でもいいから入れた方が良かったと思う

102: 僕はね、名無しさんなんだ 2017/12/07(木) 00:37:36 ID:wPm93EWQ0
>>75
考察が正しいならロビンにはサンソンの意思を伝えてるはずだから、
最後にマスターと話しててあいつはあの時…みたいな場面入れるのでも良かったのにな
アビーにサンソンのメッセージが過不足なく届いたのはいいんだが、意図してやってて欲しい

129: 僕はね、名無しさんなんだ 2017/12/07(木) 00:41:36 ID:w9LWK/x.0
>>64
サンソンは、死の意味をわざとらしく喧伝するなんて真似はやらん人間だからなぁ
それは処刑後の死体の扱いに憤ったところでも証明されてる
気付いた描写を入れたらユーザーにも流れはなんとなく理解できたかもしれんけど、

マスターに伝えればマスターとしても一個の人間として絶対に止めるし、
処刑と死の哲学を持っているのは処刑人であったサンソンだけだからその理解の地平をそもそも分かち合えるかって疑問もあるけど…

サンソンって人間の呈示はもしかしたらわかりにくくなってるかもしれんけど、でもサンソンに則った描写の仕方と言えばそれは間違いなくイエス
俺自身も変な感情だわ…わかりにくくてもそれがサンソンっていうか、うまく言葉にできん

321: 僕はね、名無しさんなんだ 2017/12/07(木) 01:07:34 ID:wPm93EWQ0
>>129
自身の死の意味を語らない、そういう愚直な人間であるという表現は素晴らしいし、全体を通してサンソンの信念のあり方の描き方は凄くいいと思ってる
思ってるだけに、最後の死に関してだけが「どこまで掴んでいたのか」を匂わせる描写を入れたらまさしくパーフェクトだったんだ

マスターに伝えなかったのはまさしく当然としても、
蛇足でもいい、せめてエピローグでロビンが「『終わりは絶望だけではない』…ですか。あいつのメッセージが届いたようで何よりですよ」とか一言で良いんだよ
それだけで死の意味、覚悟の意味、贖罪の意味、全て意味を持って行ったんだと繋がる

なにか、本当になにか一言だけでも良かったんだけどな

439: 僕はね、名無しさんなんだ 2017/12/07(木) 01:29:49 ID:w9LWK/x.0
>>321
言わんとすることはすごくわかる
サンソンの意図を担保するセリフがあれば物語的にもキャラ的にも有機的に展開して締まる美しさがある

でも読み返してわかったけどロビンが「それがあの男の最後の希望」とか言ってたりする。恐ろしいけどその気になって読めば意図が分かる
それでマリーに生前の「足をぶつけた」を立場を逆にして返すシーンとか、あれさぁ…
死後なお人々の希望と輝きは続くとしたマリーの想いが、今度はサンソン自体にかかる構造になってて、これ凄まじい描写だと思う
あーやっぱ言葉にしにくいし、難解だと思うけど、その薄氷と苦悩の靄の中にあるのがサンソンって感じで…
めんどくさいな、サンソンって男は

454: 僕はね、名無しさんなんだ 2017/12/07(木) 01:33:11 ID:saDmI3pE0
>>439
やっぱり刑事モノの崖っぷちで犯人を追い詰めるシーンは大切なんだなって

519: 僕はね、名無しさんなんだ 2017/12/07(木) 01:49:24 ID:wPm93EWQ0
>>439
「それがあの男の最後の希望」だけだと、意図してるとまではっきりとは分からず、
「結果論として」そうなったという取り方も出来てしまうのが惜しい
いや、メタ的な視点だとはっきりと意図してるとは思うんだけどね?
本当後一言さえあれば、まさしくサンソンの、そしてセイレムの贖罪というテーマが綺麗に完結したのに

サンソンの苦悩っていうのは人のことを考えて考えて考えた末の、それでも悩み続ける高潔さにあるよなぁ
仕事でしかないと言い切らない、相手に救いを与えたいがゆえに苦しんでいるところが

マリーの場面と言い、セイレムは救いと赦しの多重構造の物語だった
…惜しい、描写不足さえなければ…!

サンソン君のマイルーム台詞は(個人的にある一つ以外は)どれも最高傑作
どれも人間の苦悩と人間賛歌を圧縮してる

589: 僕はね、名無しさんなんだ 2017/12/07(木) 02:05:19 ID:w9LWK/x.0
>>519
サンソンの死は状況打開の希望とする為でもあり、死の尊厳を守るためでもあり、自身の処刑観に則った贖罪でもあり複合的で
そもそも死を打算の道具にしたわけじゃないし、自身の死にも先に続くものがあると知って取ったことであって

ここは、意図したものかどうかはむしろ分かんなくていいと思う自分がいる
サンソン自身の苦悩に由来するものだし言い切るものじゃないんじゃないかという気がしてしまう…
だから苦悩もまた抱え続けるんだけどね…

606: 僕はね、名無しさんなんだ 2017/12/07(木) 02:12:28 ID:wPm93EWQ0
>>589
もちろん打算など一切ない、真摯に贖罪と向き合い、そしてその上での死でなければいけない
そうでなければ、同様に死ですら救われない罪という思いを抱えた者には届かない
自身の潰されそうな抱え続けた痛みと罪の意識を示し、なおかつそこで「それでもなお、罪と罰は等価なのだ」と示さなければ届かない

だから、打算というよりはそれこそメッセージが届いてほしいという希望だと思う
自身の信念と、黒幕の想いを打破するための、身を挺したメッセージであったと

だからこそ、きちんとルールを把握して、掴んだうえでの「届くかもわからない自身の信念」を形にしたんだと思いたいんだがなぁ

628: 僕はね、名無しさんなんだ 2017/12/07(木) 02:21:02 ID:w9LWK/x.0
>>606
ハッキリしなくて、なんというか素直に称賛できない余地があるというのが辛いんだよな

でも俺はサンソンはあの状況なら処刑と死と罪のあり方を命を賭けて、希望を持って指し示す人物だって確認できた心地だから
これでいいし、サンソンのキャラに則った描写ならこの形でしかなかったのかもなぁとか納得してしまってる部分がある。

もう一回幕間来ないかな

681: 僕はね、名無しさんなんだ 2017/12/07(木) 02:53:58 ID:wPm93EWQ0
>>628
信念を通した結果、結果論として全て上手くいったでも通ってしまう部分があるのが自分はあまりにもって気がしてしまうからなぁ
そうするとロビンの「あいつはカルデアの任務のために処刑台に立っている。考え抜いて、悩みぬいて、これしかないと結論したからやったことなんだ」
は随分と弱い意味合いになってしまう

「あいつは信念の結果としてあそこに立っている」「あいつの矜持を曲げないでやってくれ」ならまさしくその通りなんだけど、
なにせ任務のために悩みぬいて、まで言われると、この場合の任務のための行動は「明日までマスターの処刑を引き延ばすため」だけ
「仮死薬を飲まない意味」に任務が一切かかわらなくなってしまう

実際、処刑という判決が下ったなら処刑人としての信念と法に携わるものとしての倫理で粛々と仮死薬を飲まず死ぬだろうと思うし、悪法もまた法なりを体現するだろう
サンソン君ならそうする。絶対にそうする。そして自身の信念を形にもするだろう

そしてその結果、結果論としてアビゲイルが…?救われない気がする

なぜなら、その場合告白する罪は「ホプキンスをかばえなかったこと」だ
裁判を尊重し、判決を尊重するサンソンはこちらを言うだろう

しかし告白する自身の罪は「罪人に余計な苦痛を与えたこと」
サンソンが抱えきれず苦悩し続けた自身の罪とするものについてだった
罪は罪として受け入れ、だが判決とは関係のない、その死の意味は自分で決める?
これは黒幕へ届いてほしいという意味でなければ、処刑人として判決を無視することとなり、これもまた信念に反する

だから、贖罪の為でありつつメッセージでもあったとそう思いたい

ある意味メタ的な構造での判断だとは思う
でもある程度はルールを察してて、その上でのカウンター的概念のメッセージでないと全体的におかしくなる台詞が多い

もう一回幕間書いてほしいな本当
今回曖昧で消化不良な部分を綺麗にめておに書いてもらいたい

ごちゃごちゃ言ってきたけど、きちんと回答編があれば、自分は意図してても意図してなくても素晴らしくサンソン君だとも思うからさ

700: 僕はね、名無しさんなんだ 2017/12/07(木) 03:15:14 ID:66b6UVcQ0
>>681
事態が何一つ解決してないのにあそこでサンソンはカルデアのために死んだんです
とか無理やりな設定にしたライターがおかしいんだろ

716: 僕はね、名無しさんなんだ 2017/12/07(木) 03:30:01 ID:wPm93EWQ0
>>700
あー…一連の議論はまずこの考察を大前提としてるから

https://i.imgur.com/CS3cR2B.png

1001名無しのマスター:2015/12/31 23:59:59 ID:FateGO
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. 名無しのマスター より:

    賛否両論っていうか大風呂敷広げたはいいが畳み方がくっっっっそ下手くそだったってだけだろ
    遅筆だか納期遅れだか知らんがプロのライターとして未熟だったってだけ
    最初はワクワクしたんだよ最初は

  2. 名無しのマスター より:

    素晴らしき日々やろう

  3. 名無しのマスター より:

    2クールだったら神アニメだった…
    って作品に似てるな

  4. 名無しのマスター より:

    ロビンに説明させておけば…だの
    サンソンのために作った物語で他の登場人物はどうでもいい扱いなの透けて見えてな
    その点においてこの解釈は気にいらないわ
    納得できる部分はあるけどな
    でもライターが書きたかったのがそれなら幕間でやれ

  5. 名無しのマスター より:

    考察じゃなくて妄想だろ
    勝手に都合よく解釈してヨイショしてるだけ
    どう考えても三流シナリオです
    本当にありがとうございましたとっとと筆折って消えろ

  6. 名無しのマスター より:

    ここまで用語できる信者ってすごいな

  7. 名無しのマスター より:

    このサンソンキチの人、自分の頭が良いと思いこんでるのに現代文の点数平均点レベルって感じの残念感が凄い
    こういう子高校に居たわ
    深く読み込んでるようで人の話全く聞いてないんだよね、スレ見てると会話成り立ってない
    怖いわ

  8. 名無しのマスター より:

    残念感が凄いのは元のシナリオじゃねww

    描写少なすぎてなんの意図か分からないから補完する訳で
    その上で筋が通りそうなものがあったらそっちに考えが偏るのは仕方ないとは思うけどな
    そのまま読むだけだと「吊られるのはいいとしてなんで本当に死ぬの?自己満?」としか思えないからな

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)